読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花屋で一緒に働くHey!Say!JUMP妄想

リトラ見ていて、JUMPと働きたいよぉぉぉぉ〜!!と思ったので妄想してみる。(圭人のリトラみたいな仕事してるからなお)


わたしは以前ウエディング装花もやっている花屋で働いてたことがあって、そこでは
・本店ショップ
・本店配達
・本店ウエディング(わたしここ)
仕入れ
・支店ウエディング
に分かれていたので、この5つに振り分けてみる。
ちなみにこのうえに社長、副社長、あと経理・事務もいた。事務もだれか当てたかったけど、今回はこの5つで振り分けられちゃったのでこれでいきます!



本店ショップチーム

ショップはザ・街の花屋。切り花や鉢植え、観葉植物などいろいろがディスプレイされている。また、店頭で受けた花束やアレンジの注文を客の要望を聞いてその場でスピーディに作ったり、配達の商品を作成したりする。店のディスプレイを変えたり、切り花の水を替えたり、鉢物の水やりをする。店の顔的存在でもある。


・有岡店長

店長は基本店頭に立ち、店を回している。スタッフに指示したり、配達の段取りを組んだりする。

いつも明るくて元気印の有岡店長は客からも愛されていて、有岡さんのおかげでリピーター客も多い。自宅に毎日飾るお花を買いにくる近所のおばあさんなんかは、有岡さんいる?と必ず聞いてくる。電話注文も有岡店長指名が多く、やっぱり有岡さんに任せて正解だわ〜なんて言っていくお客さんも多い。
ただ店長はちょっと忘れっぽいから、下のスタッフがお付きの人みたいに「あれどうなりました?」「これやっときますね」なんて率先して仕事をする。ちょっと抜けてても憎めない。忙しいときはテンパることも多い。えっどうしようどうしよう!とわたわたする。スタッフは「店長またテンパってる笑笑(おもしろいかわいい)」みたいな目でにこにこ眺める。

量産系の仕事(卒業式用に花束100個とか)が入るとすごいスピードでしゅばばばばーーっとこなすが、急ぐと仕事が少し雑。オアシスにきちんと花が挿さってないときもあって、スタッフがひっそりと直しておいてあげたりする。

ディスプレイ替えのときは扱いが雑でよく鉢や花瓶を割る。なのにきっちり等間隔でディスプレイしたりする。レジ周りの事務小物も引き出しの中ですごくきちんと並べてある。

若干出社が遅い。



・スタッフ伊野尾さん

何店舗か他の花屋経験もあって仕事ができる、黙認の有岡店長お付き人役。有岡さんの抜けてるところをさりげなくフォローしている。
基本お店に立っているがいつも眠そう。来店したお客さんにも万遍なく優しく接客するが客との世間話はかなり表面的で、買わなさそうな客に対してはかなりライトな対応をする。でも伊野尾目当てのリピーター(女)も多い。人形看板的存在。

また、植物の勉強はきっちりしている。店の商品については伊野尾さんに聞いたらたいてい教えてくれるのでスタッフも有岡店長より伊野尾さんに聞く。スタッフの中でも一番ナチュラルに植物が好きで、入荷してきたお花をこまめに買って帰る。おうちのベランダはいつも綺麗にお花が植えてある。
作る花束やアレンジもセンスが良く丁寧でいつも淡々と注文分の作成をしているが、たまに花瓶を割ったりして「わ〜〜ーーやっちまったぁぁ〜〜」と大きい声出したり、急にテンションが上がってはしゃいだりするのでちょっとびっくりする。客がいない店内では有岡店長と伊野尾さんの盛り上がった話し声がうるさい。あとずっと寒がってる。

ストッカーで花を選んでる時の姿は麗しすぎて目の癒し。たまに一緒になったときに、ウエディング忙しそうだねって労ってくれるだけでもう頑張れる。

業務終了後はすっと帰る。プライベートは謎。
一緒にご飯とかなかなか行かないので全員集合新年会のときとかに伊野尾さんと喋れるのが嬉しい。



・バイト圭人くん

バイトの圭人くんは一生懸命でかわいい。まだ花束やアレンジは作成できないので、店前の花苗の水やりや切り花の水を替えたり掃除したり雑用をしている。
仕事が遅いけど丁寧。ゆっくり愛しい目で花を愛でながら水やりしている。かわいい花が入ってきた時に、「これいい匂いする〜!」と喜ぶ。かわいい。
ものを運ぶときなどに手伝ってもらうけど、ちょっと危なっかしくてはらはらする。けど頑張ってくれる。手先は器用で、ラッピングが上手。

店の前にいることも多くて道を聞かれてるところをよく見る。外国人のお客さんがきたときの対応は圭人くん任せ。
お昼一緒になったりすると超喋ってくれる。朝も無邪気におはようございますって言ってくれるのでかわいくて目が覚める(わたしの)。ちょっと暗い顔してたら気遣ってくれる。かわいすぎて最高の癒し。。

あと山田くんといつも一緒に帰ってる。


本店配達

花屋では全国の協会みたいなのに入っていると、県外の花屋から県内に注文が入ったときに代理で注文を受けて配達することがあったりして、配達注文が多い。母の日や歓送迎会シーズンなんかは鬼のように配達がある。また、トラックで運ぶような大きい観葉植物をご自宅に届けたり、歓楽街へ重い胡蝶蘭鉢を配達することが多い。わたしがいたところには基本的には配達スタッフがいて、一日中配達していた。



・スタッフ裕翔くん

明るくて元気な裕翔くんはでかいトラックも乗りこなし、時間に正確にスムーズに配達をこなす。重いものもたいてい持ってくれるし、笑顔で引き受けてくれる。配達先のおばさまからは超絶人気。裕翔くんに来て欲しくて自宅配達をしょっちゅうお願いしてくるマダムもいる。配達から帰るといつもなにかしらお菓子とかお土産を持って帰ってくる(途中でひとりで食べてなにもなかったこととかにはしない裕翔くん)。みんなに配る。
朝早い配達とかも多いので、気がついたらもういなくて、昼頃に初めて会えたりする。お昼もゆっくり食べられなくて、食べてる途中に配達が入ったりして口をもごもごさせながら行ってきまーすって出て行く。目の保養。

ただ配達先不在とかが続くとちょっとイライラしてくる。「またいなかったっすよぉ〜〜」とか口を尖らせて店に帰ってくる。再配達が夕方とかに集中してくると、早く帰りたかったのに感を全面に出しながら高速で終わらせる。終わったらすぐ帰る。業務中は鬼ほど喋り止まないのにプライベートは謎。

トラックや車の中はいつも綺麗。ただ、裕翔くんのあとに車乗るとバックミラーの向きがめっちゃくちゃ上向いてて、運転席シートが一番後ろに下がっててわたしの足が届かなくなってる。直しておいてはくれない。



本店ウエディングチーム

花屋はホテルや式場と契約して婚礼装花の仕事をしている。ホテルによっては複数の花屋と契約していて、ホテルのウエディングプランナーの采配やオトナの事情で割り振りが変わる。そうやって割り振られたお客さんと、式場にて装花の打ち合わせをする。わたしのところはキャンドルサービスなどの演出やクロスの色なども花屋が聞いていて、ブーケやテーブル装花などを細かく打ち合わせする。
ホテルへの営業、プランナーからの信頼獲得含め、動く金額も大きいし、お客さんにとっては一生に一度のことだから一緒にこだわりたいし、本番絶対にミスっちゃいけないし、かなり楽しいけど結構胃が痛くなる仕事だった。



・チームリーダー八乙女さん

チームリーダーはウエディング業務をまとめている。まとめていると言ってもウエディングの仕事は結構個人プレーだったんだけど、各スタッフがお客さんと打ち合わせしたあと一件一件それぞれ必要な花の種類と本数を出すのを全件分リーダーがまとめて仕入れ担当に渡す役割などがある。


八乙女さんは勤務年数も長い大先輩。八乙女さんはお客さんの要望を丁寧に聞いて、仕事が厚い。要望にフルに応えようとしてくれるので、お客さんの満足度は高い。お客さんとの打ち合わせも面白く、長い時間盛り上がっている。でもちょっと気分屋なので、超さっぱり帰ってくる時もある。打ち合わせに使用する見積もり伝票やデザインシートもイラストがふんだんで分かりやすいが、ひらがな表記が多い。最近は山田くんに、漢字が分からないときにはカタカナを使うとそれっぽくなるという入れ知恵をもらって、カタカナが増えた。

八乙女さんはアイデアが溢れ出て止まらないので、八乙女さん担当の写真撮影用の装花やブライダルフェアの展示用の装花などは張り切る。ただこだわりが多く細かい仕事が多くて大変。実際プランナーなどからは評判が良いが、作成を手伝うスタッフからは悲鳴があがる。基本的には人に任せるより自分の仕事は自分でやりたくて、たまに出す指示がインスピレーションすぎてよく分からない。

作業しているときは黙々と無言で物静か、あまりおしゃべりしない。ちまちまと作業をしている。休憩の時はおじいちゃんのような背中でお茶を飲んでいる。声かけるとはにゃ顔で振り返る。他のスタッフが盛り上がっていると、元気な時は「なに?なになに?」と入ってくるし、そうでないときは全く聞いてない。現場が楽しくて仕方なさそう。



・スタッフ山田くん

ほぼ同期の山田くん。花屋経験はなかったのにめきめきと仕事をこなし、ひとりで式場の業者定例会議に出ていたりする。式場へのさりげない営業もうまく、新しい提案もばしばしするのでプランナーからも信頼度が高い。お客さんへの提案もこまやかで、キャンドルサービス推し。装花にもふんだんにキャンドルを使うとアットホームであったかい雰囲気が良いですよ!といつもキャンドルを推している。トークが上手いので打ち合わせも盛り上がるが、たいていきっちり時間内に終わらせる。

式場のサービススタッフには最初チャラそうに見られてなめられていたが、実力と努力と真面目さで認めさせ、誰とでもよく談笑する仲になっている。


作業は効率的で仕事が早く、目標の時間を決めて仕上げる。作成中は怖い顔して高速で手を動かし、無言。たまにふっと気が抜けたときに「疲れたね〜」なんてさっきの怖い顔が嘘みたいなかわいい笑顔で声かけてくれる(仕事ができないひとに対してはしない)。

作業や仕事のシステムを効率化したがりで、八乙女さんの構築したシステムを「これこうしたほうが良くないっすか」と意見し、180°変えたりする。容赦ねーな!と思うが山田式のほうが断然効率良くなるのでだれも文句言えない。

圭人くんといつも一緒に帰るが、自分の仕事が終わらないときは圭人くんに手伝わせるか圭人くんを自分の横に置いて話し相手にする。圭人くんはタイムカード切ってるのにつきあう。

たまに山田くんとふたりで遅くなったときは、帰りにラーメンでも食ってく?と誘ってくれる。しかし食べてる間はほぼ無言。誘ったはいいけど疲れてるからスイッチオフりまくってる。食べ終わったらじゃ!っつってロードバイクでしゃーっと帰っていく。


平日出勤の朝はぎりぎりの出社だけど、週末の婚礼がある日は予定よりも朝早めにきて入念に確認する。




・スタッフ知念くん

後輩の知念くん。まだ打ち合わせデビューはしていなくて、主に作成スタッフ。作業は超高速!できちんとやる。知念くんに作成お願いしたら大丈夫という信頼感ある。

最初大人しいのかな〜と思ってたら慣れてきたらしくよくしゃべるようになってきた。忙しいときは無言でだーーーっと作業するが、余裕があるときはべらべらしゃべっててかわいい。指示したら余計な質問をせず、人のをよく見て習得する。言葉交わさずともやってほしいことをやっておいてくれたりする。いつも知念さんを横に置いときたい。
バラの水揚げとかはトゲが痛いって毎度うるさくてかわいい。「お前こんなトゲで守るほどでもないだろ!」とバラ相手に変な毒を吐いてる。変わった品種名とか見て「これアッペラティーボだって〜〜アッペラティーボ…アッペ……w」とか言って楽しんでそう。

たまに用事やヘルプでショップに出たりするときは気配を消している。もしくはぼく今めっちゃ忙しいですって顔して目も止まらぬ速さで動いてる。それでもお客さんに話しかけられてしまったときはしどろもどろしながら有岡店長に目線を送り、バトンタッチしてすっとバックヤードに消える。

式場でのセッティングのときも、式場スタッフに話しかけられないよーにないよーに気配を消してる。行きの車まではよくしゃべり、セッティングはほぼ無言、帰りの車でまた堰を切ったように話し出す。


週末婚礼の日は、7時に来てねっていっても6時半には着いてる。



仕入れ担当

仕入れは朝6時半とかに市場に行って競りでお花を買い、大量の花をトラックに乗せて店まで運ぶ。ウエディングの発注は大変で、「バラのピンク」みたいな要望だとその時出てる安くて状態の良いピンクのバラを買えば良いけど、細かく品種指定されるとそれのみに絞って大量数を確保しないといけないし、その品種が高いとかお花小さいとか色のノリが悪いとか状態が良くないときもあったりして、婚礼担当と確認し合いながらかなり臨機応変に対応できないといけない(婚礼装花頼むときは、色を指定するだけとか、バラっていうことだけ指定するとかしないと高くなったり出来良くなかったりする) 。神経使うし結構めんどくさい仕事。融通ききやすくするために市場の人と仲良くするコミュ力も必要。


・薮さん

ベテラン大先輩。お花のことは一番よくわかっていて、なんでも薮さんに相談する。1聞いたら10くらいの雑学付きで教えてくれるからすっごく楽しいけど、えっとなんの話だっけ?ってなることも多々。

八乙女さんとは同期くらいで、いつも仕入れた花を水揚げしてウエディング分を確認したあたりで「ちょ薮これ言ってたやつと違うじゃん!」と八乙女さんが文句つけにくる、薮さん「なかったんだよ入荷が。これでなんとかしろよ」冷たく言い放つ、八乙女さん「いやいやいや!お前これでどーにかしろっておかしいだろ!」薮さん(早口)「じゃあお前の言う通りの一本○○円の品種入れてやったとして、たった10本使うのに50本仕入れて、請求○○円って採算取れてんのか?余った40本店頭で捌けんのか?会場手数料とか人件費とか抜いて考えろよ?!」八乙女さん「………んじゃとりあえずさあ!買う前に俺に確認しろよ!」薮さん無視、みたいな言い争いがしゃっちゅうある。たまに薮さんが誰かに「ほんまこいつ、なあ?」とかって話を振ってくるので始まったらみんな被弾しないようにすすすっとどっか行く。

人のことよく見てて、通りすがりに「そこはこうしたほうがいいよ」とかってアドバイスくれていったりする。お客さんからのクレーム対応とか薮さんに相談すると丁寧に相談に乗ってくれるし、急な発注を泣きついたりしても「今度からは気をつけなよ」ってなんとかしてくれたりする。凹んでるときはご飯誘ってくれたりするので薮さんのことが大好き。


デスクワークでなにか考えてるときは貧乏ゆすりがうるさい。



支店ウエディング

働いてたところでは隣の市にも支店があった。そこはホテル内にショップがあって、ホテル内装飾やウエディングをやっていた。社長とかそっちにはあんま行かないのでみんなのんびりやってた感じ。ホテル内なので制服がきっちりしていた。



・スタッフ高木くん

支店だからほんとにたまにしか会わない。新年会とかで会うと最初はクールなんだけどどんどん楽しくしゃべってくれてかわいい。なんか超盛り上がっちゃって、今度あそこの海紹介するよ!とか言ってくれるけど実現することはない。毎回飲み会のたび距離詰まるけど会う回数が少ないので、また会ったときには薄い壁があるところからスタートする(これわたしの性格も原因)。

たまに本店にヘルプで来てくれるときには、「社長いるとやりづらいっすね」「休憩しません?」と憎めない不真面目さを発揮してくるのでわたしは骨抜きになる。


ゅぅゃは式場スタッフでもいーなー!とも思っていて、慣れてきたらすごいしゃべりかけてきてくれたり、「今日の会場装花俺好きっすわ!」と褒めてくれたり、ちょっと変化球の演出とかとっちゃったときに本番回してくれるのは式場スタッフだからお願いするんだけど(やなやつだといつもと違うようなことお願いするとあからさまに文句言われたりする)、「うわ〜〜分かりました、いいようにやっときますよ!キャプテンにも俺からそれとなく言っときますわ!」って軽く融通きかせてくれたりしてほしい。今日の婚礼、現場高木くんだからやりやすい!みたいな。式場に着いた時癒し。


なんせホテルの制服が似合うゅぅゃを見たい。





==================


うわ〜〜〜〜職場全員JUMPだったら超幸せじゃんよ………