読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかちねフランス旅、わたしの好きなポイント

知念さんバラエティを漁ったときに、見つけてしまった「J's Journey高木知念ふたりっきり フランス縦断各駅停車の旅」。

個人的にショタすぎるのは苦手で、知念さんですらショタすぎるのには少しダメージをくらってしまう。ビジュアル面でも若い男子のあの独特の髪型ツライというか、、精神面でも若い男子ってヒリヒリしてて見てるのツライというか……。喧嘩し出したりとかしたらツライじゃない…。10%HAPPY 90%ツライ。


だからこれ、J'sJourneyはみっくんインドとたいぴロシアで観てたので面白いだろうと思ったのだけど、知念さん18歳かーーというためらいがあった。そしてこのとき髙木さんへの印象はほとんどなかった。


でも観るしかないよね。




結論から言うけど名盤すぎて名盤すぎて名盤すぎてたかちねを選んでくれた偉いひと心からありがとう!!!!!!!お礼しかない!!!!

これでまるっとゅぅゃも大好きになった。こんなに平和でお互いさらっとしつつ距離感保った優しみに溢れてる関係ある?!18歳と22歳の男子がこんなにギラギラしてないのすごくない!しかもやぶひか含む座談会入れてくれたことも神すぎるよ。ガチャ何度見ても発見あるんだけど。最高だったよこれ…………



これ知念の中身が全部愛しくなる結構なエポックメイキングとなったので、フランス旅これから観返しつつ、わたしの心を打ったポイントのメモ。




なにを習ったの?


まずは空港。ゅぅゃ登場。


どん!やっほぅ!

ゅぅゃかわいいかよ。かわいいがすぎるだろ!!なんだそのフラフラは!次に知念さんが現れたときのかすれた「おわあ!」のテンションもかわいすぎる。ちょっとだけ触れるのも、距離感変か!無邪気だよ!かわいいよ!もともとなぜかゅぅゃの顔嫌いじゃないんだな……


知念さん現れる。若え…若えよ……
体つきが若えよ……


あれ、そういえばゅぅゃ若いなと思わなかったな。ゅぅゃあんま見た目変わんない。若干細いくらい。髪型もちょうど良い。知念はここから鍛えたの?なぜこれから胸板厚くなったんだろ?体が薄い。あとふたりともVネックだな……Tシャツは丸首でいいじゃんよ………あとネックレスな……そゆとこだよ………なぜジャニーズはみんなこぞってこっち寄りになるんだろう…………初めて見た当時は結構挫けかけた気がするけど、今となってはもうスルーできるスキル身についてる。



フランス行きが決まってからフランス語を習って1日で挫折したゅぅゃ。無邪気か!かわいすぎるこの子……うちのペットになってくれない…。



そこで知念、「なにを習ったの?」


うわ!冒頭から好きな知念み来た……


なにをの前に、ちっちゃい「ぇっ」が入るとこ、割と切り捨てるような言い方するとこ、小鼻を引き上げてしゃべる感じ?好きだーーーこの喋り方が好きなんだーーーー若さとか関係なかったーーーーー





杞憂が過ぎる知念と遊び心満載のゅぅゃ


お互いの持ち物確認、ここからゅぅゃと知念の差が歴然でほんとに面白い。

ゅぅゃは遊ぶことしか考えてない所持品を披露、ぺらぺらぺらぺら無邪気かよ、かわいいがすぎる。知念さんはほぼ服メイン。堅実というか素っ気ないというか、結局中身全然見せないしガード固い。
ゅぅゃはTシャツもパンツも4〜5枚しか持ってきてないあたり、なんとかなるさ精神と神経質皆無さを感じる。それを聞いた知念さんのTシャツは貸せるけどパンツは貸さない宣言、大したことじゃなくても先の心配しすぎですぐさまシャットアウトしていくあたりが杞憂気味、石橋叩きすぎて壊しそうなタイプでかわいい。



フランス到着。

さっそくエッフェル塔と凱旋門に行きたいゅぅゃが
はしゃぐ。すぐに「そんなにゆっくりしてる暇はないよ!」とシャットアウトする知念さんはここでも取越し苦労が過ぎるというか、旅の全貌が見えないのが落ち着かないのかも。

凱旋門行きの電車を現地に聞くシーンでは、ガイドブックを見てフランス語で文章を全部言うゅぅゃと、単語だけ伝える知念。時短が全ての要領良い知念と、そゆとこ堅実めなゅぅゃ。堅実っていうか応用力ないっていうか、テキトーなのに、0から全部言わないと気が済まない感じ。


凱旋門近くでゅぅゃの提案でお揃いのスカーフ購入。無駄なもの要らない(部屋も全然物なくてびっくりしたよねメレンゲ)遊び心が少なめの知念に、遊び心しかないゅぅゃってすごく良いコンビじゃん!!

時間ないから凱旋門だけ!って言ったのに結局エッフェル塔行くところも絆される知念さんは頑固ではないな。エッフェル塔前で現地の人に写真撮るの頼んで、現地の人がノリノリで何枚もポーズ指定して写真撮り出し、即めんどくさくなって暴言吐く知念さんと内心は若干めんどくさくても笑顔で乗って悪口言わないゅぅゃってコンビ、比較が絶えなくてほんとに面白い。

エッフェル塔後はすぐに駅に行きたがる知念、先の予定が分かんないのが不安って感じ。とにかくこの先どうするのか早く明確にしたそう。



結局電車がなくてパリで泊まることになって、ガイドブックから宿を探そうとする文献重視型知念に対してとりあえず歩こう!と繰り出す突発行動型ゅぅゃは頼りないけど頼れるな。結局は見つかるからこーゆーひといてくれるとありがたい。スカーフだってあるとペア感増して良かったし、ゅぅゃみたいなひとって行き当たりばったりでも結果オーライ得て、最終プラスαの遊び心あるし、グループにいてくれると楽しくなるから良い。


2日目、始発に乗るふたり。誰もいない駅ではしゃぐゅぅゃに対して知念がすぐ「そんなにはしゃいだら疲れちゃうよ」とか言う。
これは杞憂とかではなくめんどくさがりのいちゃもんだよ。知念さんって爆発的にはしゃがないっていうか人のノリに合わせてあげないな。よく言えば落ち着いてるし、うぇいうぇい系には絶対ならない感じ。ノリが良くはない感じ。でも場の空気は壊さない。そして急に自分のタイミングでだけはしゃぎ出すらしい。わたしと合うと思う、付き合おう……。




だんだんテキトーになる知念


乗り継ぎで進んで行くも、乗り継ぎの間が2〜3時間とかある。降りる先々で2〜3時間を潰すんだけど、街をぶらぶら。いーなーーフランス楽しそ〜〜。


1日目はあんだけ先を急いでた知念さん、もう今日は予定がはっきりしてるから落ち着いたのか、時間計算がどんどん杜撰になっていく。ゅぅゃは見つけたもの全部気になる。ほんとに幼児みたいでかわいいな……。このへんでようやくテンションも上がってきたのか知念もそれに乗って、毎回ぶらぶらしすぎて電車の時間ぎりぎりで駅までダッシュするし、財布の紐も以降どんどん緩む。

最終日あたりでは、ゅぅゃにあといくら残ってる?って聞かれてしばらく無言のあとにまだあるよって答えるあたり、ズボラではないけど几帳面ではない。この微妙なライン、ちょうど良い…好み………(知念だったらなんでもいいのかよとお思いかもしれませんが、付き合うならまじでちょうど良いじゃん……)





違う、これ関係ない、こっちこっちこっち


3日目。
乗り継ぎの仕方を駅員に聞いて、電車の時刻を書いた紙をたくさんもらう。紙が多すぎてテンパるゅぅゃ。横から容赦無く「違う、これ関係ない、こっちこっちこっち」と紙を奪う知念さん……
出たよ大好きなとこ……


頭回してるとき冷たくて良い〜〜〜〜〜〜!!!!

賢み出てて良い〜〜〜〜!!!


こっちこっちこっちの早口も良い。ゅぅゃへの気遣いゼロになってきてかわいい。冷たさ出てて好き………




知念さん、ゅぅゃに対してはかわいこぶりっこしないというか、かわいさで甘やかしてもらおうさが少なくって男の子そのままですごく良い。

山田有岡圭人薮さんには甘やかしてね♡感すごいし実際かわいがってくれるから、知念さんも自分の愛嬌とかわいさが御礼でそれも当然でしょって感じある。実際山田さんには甘やかしてもらってる御礼に快適な空気を提供して成り立ってる感じ。その関係性ってすごく繊細で、それはそれで良い緊張感あってすごく好き。
対してゅぅゃはすごく優しいけどそれは公平な優しさで、知念がかわいいから優しくするっていう特別感もないし、逆にだから優しくしないってこともないから、知念さんが終始すごく気を抜いてる感じがして良い。そうさせるゅぅゃって居心地良さそうだけど、これ以降そんなに絡んでないからそれは違うのかな。この空気感と気遣いスイッチ緩んでる(気を許してるとは違う)知念さん好きなんだけどな。




寝過ごす知念さん態度が最高


これ、まじで知念さんに非しかない事件。


夜の車中、乗り換えの駅までどっちか寝よう!と言い出すゅぅゃ、コイントスを提案。ゅぅゃが勝利し、すんげー不服そうにゅぅゃを見るも、知念が起きてることに。でもだんだん眠くなって知念も寝ちゃって、結局乗り過ごし、終点まで行ってしまった事件。

まずはだんだん眠くなって寝ちゃう定点カメラ、グッジョブすぎて拍手喝采…かわいすぎる………うちにおいでよーーーーーーーー


終点で気付いて起きてゅぅゃを起こすあたりから、知念さん様子おかしすぎる。明らかに自分が寝てしまったのが悪いのに、ここどこ?終点まで来ちゃった?今何時?と眠そうに他人事のようにぽつぽつしゃべる。ズボンに手突っ込んでる。

ゅぅゃはもうテンパってべらべらしゃべってて、なんで?!状況が飲み込めない!と寝ぼけ眼ながらホームを出るも、知念がなんにも言わないから、コイントスで決めたじゃん!って言っちゃう。この言い方がまた、怒ってるけど人を叱責できない感じでゅぅゃっていい奴だな〜〜〜〜!感がすごい。さらに知念はなにも言わないからさすがにいらついて、なんで寝ちゃうかなあ?!とも言っちゃうけど、知念の無反応さを責めきらない。ゅぅゃって本質的にお兄ちゃんだな。


知念さん結局一言も謝らず。


これ、どういう感情なんだよ。やべーって内心思ってるも、よっつも上のゅぅゃが起きてるべきでしょ僕よっつも歳下だよ?こんな僕に寝させないゅぅゃが悪いでしょ僕だって疲れてるのにという逆ギレ不貞腐れしてる、という発想しかわたしにはないんだけどどういうことだったの。どっかで思い出語ったりしてないのかな。


こんな理不尽な知念さんなかなかないから映像化されてすごく嬉しいよ………いつも理性的なところが好きだけど、そういうひとが理不尽なところ見せるとすごく嬉しいんだよ…


そのあとなんとかホテル泊まり、次の日出発できるも、ゅぅゃがまじで優しい。ゅぅゃの優しさ天使かよ……。謝らないことに怒りつつも、僕はもう気にしてないから楽しもう!って感じが全面に出てて、とにかくお兄ちゃんだなあ優しいなあ…。




思ってたんだよね、ほんとは


LYONとRIOMを間違えて(というか乗り換えを教えてくれたお姉さんが聞き間違えて、RIOM行きの電車を教えてくれた)ど辺鄙な田舎駅に来てしまう事件。
大都会を想像してたのにすごい田舎の駅について戸惑い駅名を見ると、スペルが違うことに気づく。


知念「あ、やっぱそうだったんだ…思ってたんだよね、ほんとは。いや、気のせいかなーって思って…」


思ってたんかい!思ってたけど言わなかったのに、それ言うんかい!!心配性なのに詰めが甘い。賢いのにめんどくさがり。かわいいんだよこういうところが……好きなんだよまじで………




洋梨畑のおじさんにがんがん絡む


この前の日、アルプス山脈モンブランまでいって知念が突発的にパラグライダーを強行して、ゅぅゃを泣かす(嫌すぎて泣いたかわいいゅぅゃ)という事件もある。パラグライダーを勝手に見つけて勝手に入っていって勝手にやると決め、嫌がるゅぅゃを無理やりひっぱり、ゅぅゃのぶつぶつ文句を完全無視する。知念さんこーゆーときに欲望に忠実になるのね、楽しそうで嬉しそうな知念さんかわいいね〜〜。最終的に楽しくなれるゅぅゃは偉いしほんと、楽しいひとだなあ…笑
モンブランの頂上まで行こうと知念が言い出す。饒舌だし、終始楽しそうでまじでかわいい。とにかく高いところにテンションが上がるの。
(なんとロープウェイとエレベーターで4800m級に登れる。モンブランめっちゃ行きたいーーーー)

パラグライダーでアルプス山脈と麓の街を眺めながら、「なんて素敵な風景だ!」と漏らす知念さんの語彙も素敵で良質でお行儀よくて素晴らしい。


パラグライダーにテンション上がるのはなんとなく今のキャラ的にも予想の範疇だけど、翌日別の街で洋梨畑を発見して、これ果物だ!ってテンションあがる知念さんがかわいい。


パラグライダーのときと同じく、収穫作業をしている畑のおじさんの元へずかずか進む、積極的にもがせてもらう、前向きに味見する。
全編観た中で知念さんが自ら積極的になったのって、パラグライダー、モンブラン登頂と洋梨のときだった気がする。あとはたいていゅぅゃが興味あるものを発見する、ゅぅゃがやってみようと言い出すのが殆どだったような。
その数少ない琴線のうちのひとつがフルーツなのかと思うとかわいくて仕方なくなったのでここ好き。そんなにフルーツ好きな印象ないけどなんでここで結構テンションあがったんだろ?



ロマンチックが増すゅぅゃがかわいい


1日目からずっと楽しそうなゅぅゃだけど、なんか日を追うごとにだんだんロマンチストが増してくる。
ロマンチストというか…感動しい?決して悪口ではないぞ、、ないけど、、、なんつーかアツイ?要所要所で感動系J-POPの歌詞みたいな、二次元的理想シーンの一言みたいなこと素で言うっていうか…いや悪口じゃないんだぞ……。むしろいろんなリアリティを飛び越えてかわいいんだよ、ほんとだよ。ほんとかな?ほんとだよ。

あと最終ゴールとなるニースの海への情熱はまじ裏切らない。もうすぐそこが海だ!ってなったらスカーフで目隠しして(知念もついでに目隠しされる)海へと進み、せーのでスカーフを外し、感動する。(知念は人の多さにビビる)ゅぅゃの海好き、ほんと好き。

知念さんはそんなゅぅゃの発言に対してほぼスルー、無視とかではなくなんとなくほぼスルーしてるのでロマンチストでない具合がすごいです。



靴下脱がない


ゴールの海では、テンションあがったゅぅゃが入ろうぜ!!と言い出し、走りながらそのまま入水する。ゅぅゃは朝から万全のビーサン態勢なのでそのまま突っ込むが、スニーカーの知念さんは、入ろう!入ろう!みたいなこと言いながらちょっとだけどーしようみたいな顔しながらスニーカーは脱ぐんだけど、一瞬迷った顔したあと靴下は脱がずに海に入る。(ふたりとも服のまま)

靴下脱がないんだね…
もう服も濡れるからいいやと思ったのかな。ゅぅゃがズブズブ行くから靴下脱いでもたもたしてテンション損なうのが嫌だなと思ったのかな。

ちょっと迷って靴下脱がないのがかわいいので最後のお気に入り。






とまあ、こんな感じでフランス縦断を達成したふたりですが、総じてとにかくゅぅゃが無邪気、知念が賢いです。まじかわいいしかないのでほんと幸せ。編集も鬱陶しくなくて、ふたりだけに集中して観られるのも番組構成がとても素敵。
やぶひか含むトークも最高ですがここもポイント多すぎるので後日。やぶひかのツン期でもあるから、今年現場で目撃してしまったやぶひかデレとの関係性がわたしのなかでまだまとまんないからね…知念さんが軽はずみにぽんぽん発言しまくってて最高なんですけど。


とにかく18歳の知念さんも聡明で安心したのでした。