読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼやくひとが好き

わたしはぼやいている人が好きだ。

 

おそらく好みのぼやき第一号は大泉洋だ。太平洋という文字を見ればいつでも洋ちゃんを思い出すほど洋ちゃんのことが好きで、きっかけはもちろん水曜どうでしょう。道民じゃないからリアルタイムではなくてどうでしょうclassicを見漁った側の人間で、なぜかユーコン川が初見だったのでこないだ出たDVDほしいなあと思っています。

 

ところでぼやくとは、ぶつぶつ文句を言う、とか、不平不満をつらつらと述べる、とか一般的にはそういう意味で、字面にするとこんなにマイナスなのに、洋ちゃんが「ぬぁんでこんなことぃやぁらなきゃいけねぇぃんだよぉっ」みたいなことを言ってるとにこにこしてしまうのはなんでだろう。

このぼやき好きは洋ちゃんとの出会いから10年経った今でもいろんなかたちでしっかりと継承されちゃって、「てめぇ…」って悪態つきつつも泣きながらジェットコースターに乗らされちゃうおりょうなんか手放しで推せちゃう。ロケ冒頭から「天気も悪いし…」ってぶつぶつ言う知念きゅんとか、「詰め込みすぎだろ」ってラジオスタッフにオコしてる光くんと伊野尾さんとか、例が全然思いつかないんだけどなんかいつも文句言ってるイメージのシゲアキさんとか、「またランキングだよ…」ってお便りの途中から声色曇らせる二宮さんとか、そういう文句を言う姿を見るたび安易に推せちゃうわ〜〜!って思ってしまう。

 

人生において誰かに、文句言ってねーでとりあえずやれよ…って思ったことのないひとがいるなら会ってみたいんだけれど、やっぱり職場なんかだと文句ばっか言ってなにもしてないおばさんとかがどうしてもいる。

学生の頃バイトが同じだった女友達が、なんというか文句の多い子だった。いっつもなんか文句を言ってるタイプの子だった。でもわたしはその子が大好きで、なぜならその子はどうにもならないようなことをぐちぐち言っているのではなくて、自分が不満に思う状況をどうにかしようとしている最中で、でもその過程でこぼした発言だったからだ。彼女のそういう発言には本心みがあって安心した。結局彼女はいつも文句を言って楽しそうだった。

きっとメディアで発せられている文句は、編集されてるから面白いし、仕事だから、やるからこその文句であってリアルガチではないからハッピーなバラエティ要素があるんだけれど、そこにこう、本心みがあるように見えるわけだ。人間見ている感が増す。

 

それに、ぼやくひとにはどこか色気がある。ぼやいているときどっかから色気が出ている。なんかフェロモン出るのかな!?と思って「ぼやく 色気」でぐぐってみたけど、徳光さんがロケで混浴できずにぼやいた記事ばっかり出てきた。ぶつぶつ言うときの声のトーンが低くなるからかな

ぼやく色気の関係性はちょっと検証していないけど、とにかくアイドルにおいてはなおのこと人間味にあふれるぼやきをお願いしたいなあと個人的に思っています。